水商売未経験の20歳のクソガキがオーナーママに。

水商売未経験で、20歳の時にラウンジを開業しました。気付けば12年間第一線で走ってきました。成功の秘密などを綴っていけたらな、と思います。

水商売未経験の20歳のクソガキがラウンジのオーナーママに。

水商売ってなにそれ?ママってなに?

はじめまして、ゆでっこりーと申します。

茹でたブロッコリーが好きだから、こんな名前にした…なんて大きい声で言えない)

私は20歳の時にラウンジを開業して、気付けば12年の月日が経ちました。

私のお店がある場所は新幹線が止まる、小さくもなく、でも決して大都会でもない地方都市の繁華街です。

その繁華街で、どうやって水商売未経験のクソガキがオーナーママとして成功することが出来たかを綴っていけれたらな、と思います。

 

バイト経験無し。社会が何かよく分からない。

とりあえず時間をさかのぼってみますね。

私は19歳になるまでバイトというものをしたことがありませんでした。

バイトの経験すらもない女がラウンジのママに突然なるんだから、人生って驚きますよね…

バイトも何もせずに、ただひたすらに毎日遊び続ける日々。

友達と騒いで遊ぶ時間も大好きでしたし、アニメやBL漫画も大好きだったので一人で好きなことに没頭する時間も大好きでした。

話が逸れたように思うかもしれませんが、今思え返せば後々こういった過ごし方がポイントになってきますので、あしからず…!!

友達からのある一言

いつも通り友達たちと遊んでいた時に何気なくぽろっと言われた一言がある。

友達たちのほとんどが、キャバクラやスナック、ラウンジなどに勤めていた友達なのだが、

「もう水商売辞めて昼の仕事しようかなあ・・・」と言った何気ない愚痴大会だ。

続きを読む